I live for

卒業式の服装は?絶対間違えたくない母の装いと知っておくべきこと!

   


卒業証書

新しい年を迎え、春はもうすぐそこです。わが子の卒業式を控える方もいらっしゃるでしょう。そこで、絶対に間違えたくないのが母である自分自身の服装です。

卒業式は、教育課程を修了したことを祝う「式典」です。マナーがあります。厳粛な式に場違いな装いはとても目立ってしまい、他の列席者に与える印象も良くはありません。

失礼にならないように、学年ごとに服装選びのポイントをご紹介しましょう。

 

保育園・幼稚園~小学校

 

初めての経験となる保育園や幼稚園の卒業式は、わが子の成長に嬉しさは格別!自身の装いにも力が入りますよね。

しかし、基本的には卒業式は略礼服で出席するのがマナーです。ブラックフォーマルやダークなスーツが失敗のない選択といえるでしょう。

ワンピースの場合にもジャケットを着用し、スカート丈はひざ下程度、長すぎたり短すぎたりするのはNGです。

式典が行われる体育館はかなり冷えますが、寒くてもタイツではなく、肌に近い色のストッキングです。寒さ対策には、足先用のカイロや派手にならない色合いのストールなどを用意しましょう。

また靴はローファーやブーツは避け、5センチくらいまでのヒールのシンプルなパンプスがおすすめです。

パンツスーツでもマナー違反とはなりませんが、カジュアルにならないように気をつけましょう。

特別な行事である卒業式は、地域や学校によって独自の不文律のようなものが存在することもあります。先輩ママからも前年の情報をゲットして、失敗のない服装選びをしましょう。

チューリップ

中学~高校・大学

 

子どもが中高生になると、自分の準備に時間をかけられるため、和服を考える方もいらっしゃるでしょう。着物の場合、付下げ、背紋1つの色無地、または上品な訪問着を選びましょう。

ブルー、グレー、紫、ベージュイエローなど淡い色がいいでしょう。羽織は式典中に着用しても大丈夫ですが、洋装でのコートは脱ぐのがマナーです。

そして忘れてはいけないことに、この年頃はわが子も含めて子どもの目も厳しいものがあります。

派手な服装やアクセサリーだけでなく、式典中のおしゃべり、ビデオや写真撮影などは周りの状況をよく確認しましょう。他人だけでなく成長したわが子にも、迷惑をかけることにもなりかねません。

また近年では、大学の卒業式への保護者の列席も増えています。 多くの場合、大きな会場での大人数での式典ですが、フォーマルな装いを心がけましょう。

子どもより派手なのは厳禁、は言うまでもありません。グレーやネイビーなど落ち着いたスーツが多くみられます。

さくら

ポイントは上品さ!品よくまとめる2つのテクニック

卒業式の装いのポイントは、上品にまとめることです。

まとめ髪にシンプルアクセでキリリと上品に

たとえ暗めの色合いのスーツでも、アクセサリーやヘアースタイルを上手に選択すれば、シックな装いの中に女性らしい品のよさを感じさせ、貴方の魅力がワンランクアップしますよ。

まず、髪型をすっきりまとめてください。

美容院にいけなくても、ショートならワックスなどで耳を出すなど少しタイトに仕上げるのもグッド。ロングなら、シニオンにまとめるのもいいでしょう。

アクセサリーはパールが基本ですが、シンプルなものであれば貴金属でもかまいません。

まとめた髪とパールなどの上質なアクセサリーは、ダークなトーンのスーツでこそ品よくまとまります。

さらにバックもいかにもブランド品は好まれないため、靴に合わせてシンプルにコーディネートをしてみてはいかがでしょうか。

 

ブラックなスーツにはコサージュで優しさを演出

ブラックフォーマルは、一歩間違えると喪服に見えかねないという怖れがあります。優しい色の小物使いをしてみませんか。

オーガンジーやシルクコサージュなら、ダークなスーツに華やかさを添えてくれます。

白やベージュ、薄いピンクやブルー、パープルなどの柔らかい色合いがさらに、優しい空気感を演出し女性らしさがアップするでしょう。

逆に赤や黒、濃いパープルや青、ボルドーなどの濃い配色や、きらきらしたビジューのついたもの、布製のものはキツイ印象やカジュアルになりすぎるため避けましょう。

また、スカーフはカジュアルなので式典には向きません。

 

まとめ

卒業式で大切なのことは、主役はあくまでも子どもであることです。

子どもの成長を喜び、教え導いていただいた先生方に感謝する場でもあることを忘れずに、大人の女性として身だしなみを整えましょう。

そしてじっくりと、わが子の成長をかみしめてくださいね。

 

 


 - 暮らし