I live for

母子家庭で副業やってるお母さん!家計の足しになってますか?

      2016/10/24


のぞき猫

母子家庭のお母さんが、子どもを抱えて仕事をすることは、実際容易なことではありません。

もちろん、夫婦共働きの家庭だって子どもを預けて仕事をするのは大変です。

子育てと仕事の両立は、どんなお母さんにとっても悩みどころです。

その上母子家庭のお母さんひとりの肩に経済問題がのしかかってくるわけですから。

パートの掛け持ちダブルワークどころかトリプルワークなんてことにもなりかねません。

正規社員として働きながらも、短時間のパートを副業としてやってるお母さんもおられるでしょう。

母子家庭の副業状況をすこしみていきましょう。

 

母子家庭のお母さんは副業をしている?

母子家庭の副業の状況を少しみてみましょう。

就業している母子世帯のお母さんで、副業をしている割合は 6.9 %です。

意外と少ない気がしますね。

業種はサービス業が42.9%と半数ちかいですね。

それに比べて在宅就業者は3.3%と、あまり在宅で出来る副業はないのかもしれませんね。

副業による収入は、年間平均で42万円、月になおせば3万5千円ということになります。

どのくらいの時間を費やしての収入なのかは分かりませんが、これも少ないように感じます。

それでも、月に3万でも4万でも家計にプラスになれば有り難いことにまちがいありません。

 

マザーズハローワーク事業

インターネットで検索すれば、たくさんの仕事の紹介がでています。

きちんとしたものや、ん?と思うような危なそうなものまで。

ここはやっぱり公的な窓口からまずはあたってみたほうが、間違いはないかもしれませんね。

全国のハローワークのなかに、マザーズハローワーク・マザーズコーナーというものが設置されていることがあります。

子育てをしながら就職を希望しているお母さんに、子ども連れでも来所しやすい環境を整備してくれています。

地方公共団体などとの連携による保育所などの情報提供や、仕事と子育ての両立がしやすい求人情報の提供など、就職支援をしてくれています。

担当者制できめ細かな相談に応じてくれるようですよ。

もちろん利用料は無料です。

都道府県のおもな市に整備されていますが、残念ながら地方にお住まいのかたは、近くのハローワークにはないかもしれません。

こちらからお住まいに近い場所の所在が確認できます。

全国所在地一覧(パンフレット)

 

ひとり親家庭の在宅就業推進事業

ひとり親家庭の在宅就業推進事業なるものを、母子家庭(父子家庭)にたいして政府が施策をだしました。

平成27年度から実施されたばかりなので、まだまだ整備されるには時間がかかるかもしれません。

しかし、在宅就業コーディネーターや就業支援専門員などをおいて支援をしてもらえるようなので、かなり在宅副業をするのに有利なのではないでしょうか。

預けられるところが見つからない、子どもの身体が弱い、子どもの帰宅時には家で迎えてあげたい。

在宅で仕事が出来ればどんなに助かることか。

この事業には期待が大きいですね。

 

まとめ

インターネット上には、びっくりするくらいの副業情報があふれています。

地方に住んでいるお母さんや、外出の時間がなかなかとれないお母さんにとっては有り難いことですね。

しかしホントかいなと思うようなサイトも多数あります。

公共のものや大手で安心できる在宅副業サイトを利用したいですね。

上手く使って、継続して出来る自分にあった副業をみつけたいものです。

 

 

==============================
シングルマザーが子どもと幸せになる在宅ワークがあります。

パソコンひとつでできるネットワークビジネス!

しかも友達を勧誘しないでいいネットワークビジネスです!
http://www.kyu-sapo.net/bz/2934641/biz04.html
==============================

 


 - 母子家庭